MENU
国家検定1級整備士の店 松下モータース

 

故障修理・用品取付
実作業例

・直進時はどうもないが、ハンドルを切りながら走行するとカラカラ音がする

FF(前輪駆動)車もしくは4WD(四輪駆動)車の場合、エンジンの動力をタイヤに伝えるためのシャフトと車輪(ハブ)のつなぎ目に写真のような蛇腹状のゴムブーツが前輪内側部分にあります。
このブーツ(ドライブシャフトブーツといいます)が破れ、 なかのベアリング部分に水分や異物が噛みこむことで異音を発するようになります。
異音発生前にブーツの損傷に気がつけばブーツのみの交換で済みますが、異音が発生し出すとベアリング部分、もしくはシャフト全体を交換しなければ異音はとまりま せん。
この場合でもボディ外装部品同様、新品部品、リビルト部品、中古部品があります。
ご予算や車本体の寿命(車齢)などさまざまな要素を加味しながら助言をさせていただき、お客様に的確な選択をしていただけると思います。

・ドライブシャフトブ-ツ取替工賃(片側) 5,000~

・エンジンのかかりが悪いのでバッテリーを交換したけど変わらない

いろいろ考えられますが、
充電系統の不良→ダイナモ(発電機)の分解修理(¥10、000~
スタータモーターの不良→
スタータモーター(右写真)の分解修理(¥6,000~
オートマチックスイッチの不良→オートマチックスイッチ交換(¥3,500~
エンジンキースイッチの接触不良→キースイッチ交換(¥3,000~
エンジン制御のためのセンサー、作動部品類の不良→
エンジンコンピューターから不具合記録を読み出し該当部品の
交換、清掃など(¥5,000~
(金額は作業工賃のみの価格です)

等々ほかにもいろんな可能性が考えられます。
このような不具合の場合、症状が出たり出なかったり、ある条件下だけで発生したりする場合もあり、まずは症状確認することが的確な修理をするための重要なポイントになってきます。
またお客様からの問診もそのひとつです。目に見える故障を単に修理するだけではなく、実作業にかかる前の症状確認、問診などの技量が後々のトラブル(再修理など)の防止になってきます。
安く、早く修理することが理想ではありますが、それに固執しすぎたために結果的に高くついてしまったり、長い間お車をお預かりしなければならない、最悪の場合結局何が原因で何が悪かったのか、わからず終いになった、なんてことのないよう国家検定一級整備士の資格に恥じない整備をお客様に提供して いく所存です。お車のトラブル、悩みなどがあれば何なりとご相談ください。心からおまちしております。

何でもご相談下さい。

・その他ETCやナビ取付等何でもご相談下さい。

部品の持込もOKです!!

部品取付料金表

・ETC取付: ¥3,500~(セットアップ料金別途¥2,500)

・ナビ取付: ¥10,000~

・パンク修理: ¥1,500~

・タイヤ空気圧調整: ¥0