MENU
国家検定1級整備士の店 松下モータース

中古部品や再生部品を有効活用し、
お安く、美しくお客様のお車を修理いたします。

作業工程

1 損傷部分の塗装を剥ぐ

ペーパーサンダを使って損傷部分とその周辺の塗膜を剥ぐ

2 ドアやフェンダーなど裏側にスペースがある部分は叩き出す

袋状になっている部分は電気溶接で治具を取り付けスライドハンマーなどで引っ張り出す。

3 研磨、脱脂後パテを盛る

密着性の強い粗めのパテを盛る
→乾燥→研磨(大まかなひずみを取る)
十分ひずみが とれていない場合は再度パテ盛り
→乾燥→研磨
おおまかなひずみがとれたら目が細かく素穴などができにくいパテを 再度盛る
→乾燥→研磨(完全にひずみを取り去る)

4 ひずみを最終チェック

パテ研磨終了
これでひずみがなくなっている

5 サフェーサー(下地)塗装

損傷部分周辺を養生しサフェーサーを塗装

6 最終パテ(細地)付け

サフェーサーの塗膜で埋め切れなかった素穴やペーパー目を細地パテで埋めていく

7 細地パテ水研ぎ

細地パテを水研ぎ&塗装する部分全体を足付け(研磨)する

8 養生

塗装しない部分を覆う。境目は特に入念に。外せる部品は出来るだけ外す。(ランプ類、モール、エンブレム、泥除け、ドアミラー、ドアノブなど)

9 最終下地塗装

再度サフェーサーを塗装。
本塗装前の最終下地となる。

10 調色

同じ年式、同じ車種でも使用状況によりボディの色は変色しています。その車の塗装するパネルの前後に合わせて調色します。

11 塗装

2コート塗装では地色塗装→クリア塗装
3コートの場合は地色塗装→パール色塗装→クリア塗装
塗装肌をみながらそれぞれ3~5回塗料をかける

12 乾燥

真夏以外はヒーターを当て加熱乾燥
加熱することで塗膜の硬化を促進させる。

13 研ぎ

塗装後約半日経過後、表面の乾燥硬化を確認し、塗膜に入り込んだゴミ、ブツをペーパーで研ぎ落とす

14 研磨 バフ掛け

前後パネルと塗装肌が合うようにコンパウンドで磨きをかけていく。
3~4種類の粗さのコンパウンドを段階的に使用し研磨キズを消しながらツヤを出していく。

15 洗車 最終チェック

ボディ全体を手洗いし、修理箇所を中心に仕上がりを入念に点検し、仕上げる。